【国王杯】ダニーロまさかのオウンゴールなどでレアルが準々決勝敗退…

1月25日にスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)準々決勝第2戦、セルタ対レアル・マドリードが行われた。第1戦は2-1でセルタが勝利したこのカード。

試合はレアルが優勢に進めるも決定力を欠いていると、レアルのDFダニーロのオウンゴールでセルタが先制。
その後レアルはFWクリスティアーノ・ロナウドのフリーキックで同点に追いつく。しかし、セルタも意地を見せてMFダニエル・ヴァスのゴールで勝ち越しに成功。
レアルはFWルーカス・バスケスのゴールで終盤に追いつくも2-2で試合終了となった。

2戦合計スコアを4-3としたセルタが準決勝進出を決めている。

ハイライトはコチラ。


公式戦40戦無敗記録から一転して、連敗を喫するなど調子を落としているレアル。未だリーグ戦では首位に立っているが、DFマルセロやMFモドリッチが負傷離脱しており、除々に歯車が狂い始めている。
 
参照・画像出典:YouTube