“フリーキック職人”ピャニッチの決勝弾でユベントスがミランを下す(動画あり)

1月25日にコッパ・イタリア準々決勝、ユベントス対ACミランが行われた。試合は、ユベントスがFWディバラとMFピャニッチのゴールによって、2-1で勝利を収めている。

試合を決めたのは、ピャニッチの鮮やかなフリーキック。1-0で迎えた前半21分、得意の角度から絶妙なコースに決めた!



ミランは後半、FWバッカのボレーで1点を返すも反撃はここまで。ユベントスがナポリとの準決勝に駒を進めた。

ミランの本田圭佑は91分、約1ヶ月ぶりに公式戦出場を果たすもインパクトを残すには余りにも時間が少なすぎた。退場者を出して1人少ない場面で投入された本田は、守備で貢献するのが精一杯。攻撃で見せ場を作る事はないまま、試合終了のホイッスルが鳴った。
 
参照・画像出典:YouTube