【珍事】ヴェラッティが、どフリーで謎のヘディングバックパス…(動画あり)

1月21日にリーグ・アン第21節、FCナント対パリ・サンジェルマンが行われた。
試合は、アウェーのパリ・サンジェルマンがFWカバーニの2ゴールによって、2-0で勝利。

この試合では、非常に珍しいプレーがあった。まずは、こちらをご覧ください。

参照:YouTube(アプリで閲覧中の方は、こちらからご覧ください。)

“ピルロ2世”として注目されるMFヴェラッティは、どフリーの状況の中、なぜかヘディングでGKにバックパス。胸以上の高さのボールであれば、GKが手を使えるようにヘディングでパスするシーンはよくあるが、この場面でボールは地面に付いている。しかも、相手のプレスはない状況だ。前を向いてパスを選択する事もできれば、GKに返すとしても足で返すのに十分なプレーエリアがある。

この理解不能なプレーには、反則を取られて間接フリーキックを与えてしまった。失点にならなかったからよかったものの、これで失点してしまっては、堪ったものではない。
普段は正確な判断とテクニックでゲームをコントロールするヴェラッティらしからぬ珍事であった。