“退場王”ジャカがまた両足タックルで一発レッド…(動画あり)

1月22日にプレミアリーグ第22節、アーセナル対バーンリーが行われた。

試合はアーセナルがDFムスタフィのゴールで先制。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、バーンリーはPKで同点に追いつく。さらにその4分後、アーセナルもPKでゴールを挙げて勝ち越し。2-1でアーセナルが辛くも勝利を収めた。

アーセナル優勢かと思われたこの試合、流れが変わったのはMFジャカの退場からだった。後半20分、パスミスでボールを奪われると両足タックルで一発退場となってしまった。そのシーンがコチラ。

今シーズンにアーセナルに加入したジャカは、第8節のスウォンジー戦でも両足タックルでレッドカードを受けており、これで2度目の退場処分となった。
また、昨シーズンのボルシアMG時代にも3度の退場。過去2シーズンで合計5回の退場は、イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランスの5大リーグ中で最多記録となっている。

中盤の底でゲームをコントロールする選手として加入したジャカだが、まずは自分をコントロールしてもらいたい。

参照・画像出典:YouTube