レヴァンドフスキが後半ATに胸トラップからスーパーゴール!(動画あり)

1月20日にブンデスリーガ第17節、フライブルク対バイエルン・ミュンヘンが行われた。ウインターブレイク明けの2017年初の公式戦となったこの試合。

スコアは、フライブルクがMFハベラーのゴールで先制するも、バイエルンがFWレヴァンドフスキの2ゴールで逆転。2-1でフライブルクに勝利を収めた。

同点に追いついた後も、果敢に攻め続けるバイエルンだが、なかなかゴールを割る事ができない。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、試合を決めたのはやはりエースだった。それではゴールシーンを振り返ろう。(レヴァンドフスキの決勝ゴールは4:36〜)

難しいボールを胸トラップでコントロールし、シュートコースを作るために右足でワンタッチしてからそのまま左足でボレー。

ボールが来た瞬間からゴールだけをイメージしたストライカーらしいスーパーゴールとなった。

このまま試合は終了し、バイエルンは首位をキープしている。
 
参照・画像出典:Facebook