マンCが13歳DFフィンリー・バーンズを獲得!移籍金なんと2500万円!!

プレミアリーグのマンチェスター・シティは、同国3部リーグのサウスエンド・ユナイテッドから13歳のDFフィンリー・バーンズを獲得したようだ。イギリス紙『デイリーメール』が19日に報じている。

フィンリー・バーンズの獲得を巡っては、アーセナルやチェルシー、リバプールなど、プレミアリーグの強豪クラブがこぞって争奪戦を繰り広げていた。

マンチェスター・シティが同選手の獲得に費やした金額は、なんと17万5000ポンド(約2500万円)。同年代の選手では、市場最高額の移籍金となっている。

シティ加入の決め手は、そのアカデミー環境の充実のようだ。近年は大金を投じてスター選手を獲得してきたシティは、若手選手の育成にも力を入れており、今シーズンはリバプールのユース相手に7-0、ユナイテッドのユース相手に9-0で勝利を収めている。

グラウディオラ監督率いるシティが、大金を払って獲得した13歳のバーンズ。トップチームでデビューする日が待ち遠しい。

参照・画像出典:Daily Mail