最近見ないが…遠藤保仁が『コロコロPK』の極意を解説!(動画あり)

最近の試合では見られなくなってしまったが、数年前にサッカー界を震撼させた遠藤保仁の『コロコロPK』。
代表戦や重要な一戦でも遠藤は、ゆっくりとした助走からボールを転がすだけのPKを披露し、一瞬時が止まったかのような空気が流れたものだ。

そんな遠藤が、今回Jリーグとサッカー雑誌『ストライカーDX』のコラボ企画に登場。コロコロPKの極意を伝授してくれた。

「確実に決まるPK」という事で、2種類のPKを解説。コロコロPKは、「ボールを蹴る瞬間までGKを見る」ことがポイントのようだ。
ガンバ大阪に所属する遠藤は、このところ後者の「コントロールPK」を選択していた。

GKの動きを見てPKを蹴る選手はいるが、ここまで弱いシュートでゴールを決める選手は遠藤しかいない。

参照・画像出典:YouTube