ロシアリーグでスーパーバイシクルが決まったぞ!それも94分に!(動画あり)

11月28日にロシア1部リーグ、クラスノダール対ゼニトが行われた。0-0のスコアレスで終了かと思われたこの試合、後半41分からドラマが始まった。

まずは86分にゼニトが先制ゴールを奪うも、92分にクラスノダールが同点に追いつく。さらには94分に伝説のゴールが生まれた・・・!

GKのパンチングのこぼれ球を、迷わずバイシクル。シュートは絶妙なコースに突き刺さった。滞空時間の長さと言い、ゴールまでの距離と言い、ロシアサッカー史に残りそうなスーパーゴールだ。
ゴールを決めたのは、クラスノダールのMFトルニケ・オクリアシュウィリ(24)。

このゴールが決勝点となり、クラスノダールがゼニトに2-1で勝利を収めた。

サッカーは、試合終了まで何が起きるかわからない。

参照・画像出典:Twitter