【セビージャ×バレンシア】清武弘嗣が先制点の起点に!(動画あり)

11月26日にリーガ・エスパニョーラ第13節、セビージャ対バレンシアが行われた。
試合は、セビージャがDパレハと相手のオウンゴールによって、2-1で勝利。

セビージャの先制点を演出したのは、後半開始から10試合ぶりにリーグ戦出場を果たした清武弘嗣。中盤で前を向くと、ビトーロにロングパス。そのパスを受けたビトーロのクロスが相手に当たり、オウンゴールとなった。そのシーンがコチラ!

清武は後半立ち上がりこそミスが見られたものの、除々にペースを上げていき早速ゴールの起点となった。

セビージャはこの試合の勝利により、暫定2位に浮上している。

参照・画像出典:Football Sport