佐藤寿人、広島で最後の記者会見に挑む…(動画あり)

サンフレッチェ広島から名古屋グランパスに移籍することが決まったFW佐藤寿人が、25日に記者会見を行った。
11年に渡って広島の象徴としてプレーし、J2降格も昇格も、そしてJ1優勝も経験してきた佐藤寿人の言葉には重みがある。

「このような決断となったのはすべて自分自身の力のなさ、その一点に尽きる。自分がもっともっとピッチの上でどんな時も結果を出していれば今回このような決断にはならなかったと思います。大好きなクラブでプレーをする父親の姿を見せられなくなる、子供には申し訳ない」

と、広島を離れるのは本意ではないことを涙ながらに明かした。

会見の模様はコチラ。

【質疑応答編】

佐藤は2000年(当時18歳)にジェフ市原でプロデビュー。セレッソ大阪、ベガルタ仙台を経て05年からサンフレッチェ広島でプレー。04年から昨季まで12年連続2けた得点を記録し、J1歴代2位の通算161得点を挙げている。

次は名古屋グランパスというクラブで、新しい伝説を作ってほしい。

参照・画像出典:SANFRECCE CHANNEL