マンチェスターC入りが濃厚なギュンドアン。ベップの元で覚醒か!?

イルカイ・ギュンドガンはドルトムントに所属する25歳。ポジションはミッドフィルダーで攻撃の組み立てを担う。

そのギュンドガンはパスサッカーの代名詞バルセロナのオファーを断り、マンチェスター・シティへ移籍することを決心したようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。

シティの来季の監督には、今季バイエルン監督のジョゼップ・グアルディオラ監督の就任が決まっている。この監督人事がギュンドアンの決断に影響を及ぼしていることは間違いなさそうだ。

ギュンドアンの特徴は、ゲームメイク力に長け、中盤の深い位置から正確なパスを供給してチャンスを演出するプレー。
そのプレースタイルは、グラウディオラの現役時代とも重なる部分がある。このプレー集を見れば、それにも頷けるだろう。

指揮官の信頼を勝ち取り、来シーズンのシティのキーマンとなるのか!?まずは公式な移籍発表を待ちたいところ。

参照・画像出典:paleszhurts