日本代表に初招集された大島僚太!“日本のシャビ”がベールを脱ぐ!

日本代表のハリルホジッチ監督は26日、6月のキリン杯に出場する日本代表メンバー25人を発表した。事前に「若い選手を新たに2人呼ぼうと思っている」と予告していたとおり、MF大島僚太(川崎F)とMF小林祐希(磐田)がA代表初選出となった。

8月に行われるリオ五輪でもチームの中心として活躍が期待されるのが大島僚太。所属する川崎フロンターレでは隣でプレーする中村憲剛をお手本に、急成長を遂げている。

プレースタイルは元スペイン代表の司令塔シャビに似ている。絶妙なトラップと正確なパスでゲームをコントロールし、前線に飛び出してゴールに絡むプレーも。

フィジカルに頼らず、テクニックで勝負する選手で、そのポテンシャルの高さがハリルホジッチ監督の目に留まったようだ。

注目のプレー集を見てみよう。

今シーズンから川崎で10番を背負う大島。日本の将来を担う注目の司令塔だ。

参照・画像出典:けいえふ