マンU移籍&リオ五輪出場!?イブラヒモビッチの今後に注目!

ジョゼ・モウリーニョ新監督の就任まで秒読み段階となっているマンチェスター・ユナイテッドが、パリ・サンジェルマンを退団したスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得に迫っているようだ。イギリスメディア『BBC』が25日に伝えている。

ファン・ハール監督の退任が23日に発表され、モウリーニョ新監督の就任が濃厚となっているマンチェスター・ユナイテッドは、来シーズンに向けて最強の助っ人の補強に近づいている。

 

また、今年8月に開かれるリオ・オリンピックで日本と同組のスウェーデンは、オーバーエイジ枠でイブラヒモビッチを招集する可能性がある、と発表した。

オリンピックの男子サッカー競技では年齢制限があり、1993年1月1日以降に生まれた23歳以下の選手が対象となる。登録メンバーは全部で18人。しかし、出場国には3名までのオーバーエイジ選手が認められており、23歳以上の選手にも出場のチャンスがある。

イブラヒモヴィッチは今月初旬に現地メディアに五輪出場ついて以下のように語っている。

「状況(出場権)がどうなるか次第だが、もし、オリンピックでスウェーデン代表としてプレーするチャンスを手にすれば、どうやって断るんだい?  状況がどうなるか見てみなくてはいけない。だけど俺は全く問題なく準備できているよ」

サッカー界の話題を席巻する男、イブラヒモビッチ。『怪物』の恐ろしいゴール集をとくとご覧あれ。

今後も『怪物』から目が離せない。

参照・画像出典:FOOTBALL STYLE +M