【PK】ノイアー相手にど真ん中に蹴る精神力!香川はさすが!

5月21日、ベルリンでドイツ杯決勝戦バイエルン・ミュンヘン対ドルトムントが行われた。

ライバル対決はスコアレスのままPK戦へと突入。ドルトムントの1人目のキッカーに任されたのは、延長戦後半から投入された香川真司だった。

ドイツの絶対的守護神ノイアー相手の緊迫する空気の中、香川が選んだシュートコースは・・・

ど真ん中をぶち抜いた!PKで真ん中に蹴るのは、かなりの精神力の強さが必要となる。
タイトルが懸かった大一番で香川真司は、落ち着いてそのシュートを決めて見せた。

だが、この後ドルトムントは2人目のベンダー、3人目のソクラティス・パパスタソプロスが相次いで失敗。バイエルンの5人目であるドウグラス・コスタがシュートを決めたところでバイエルンの大会18回目の優勝が決まった。

参照・画像出典:Chocopie Orion