EUROに向けてドイツがメンバー発表!優勝の鍵を握るのは“チームの心臓”トニ・クロース!

ドイツ代表を率いるレーブ監督は17日、EURO2016に向けた候補メンバー27名を発表した。

現世界王者が最後に欧州を制したのはEURO1996のこと。20年ぶりの欧州制覇を目指すレーブ監督は、特に中盤で数人の若手を候補リストに加えた。バイエルン・ミュンヘンMFヨシュア・キミヒ、ボルシア・ドルトムントMFユリアン・ヴァイグル、シャルケFWリロイ・サネ、レヴァークーゼンMFユリアン・ブラントらこれまでU-21代表の主力を務めていた選手たちがこの段階でメンバー入りを果たした。

また、招集が注目されていた2人も順当にメンバー入りを果たしている。代表の主将でありながら今シーズン後半戦の大半を欠場したマンチェスター・ユナイテッドMFシュバインシュタイガー、ガラタサライFWポドルスキだ。

 

優勝候補の筆頭と言われるドイツの鍵を握るのは、何と言ってもこの男、MFトニ・クロースだ。
レアル・マドリードに所属し、攻撃は必ず彼を経由して始まる。
今シーズン、リーガエスパニョーラで最もパス本数が多く、且つ成功率は90%以上。第18節には脅威のパス成功率100%を叩きだした。

その数字からもわかるように常に攻撃の起点となり、ミスはほとんどない。

それでは、彼のプレー集を見てみよう。

クロースが機能すれば、ドイツが20年ぶりにEURO制覇を成し遂げるのも、難しくはないだろう。

参照・画像出典:Football Time Studio