【大久保嘉人vs李忠成】キックターゲット対決を制するのは?(動画あり)

スイスの高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」は25日、Jリーグとトップパートナー契約を結んだ事で記者会見を行った。記者会見にはJリーグの村井満チェアマン、日本サッカー協会理事の北澤豪氏、FW大久保嘉人(川崎フロンターレ)、FW李忠成(浦和レッズ)が登壇。

今回の契約により、タグ・ホイヤーはプレミアリーグやブンデスリーガに続いてJリーグのオフィシャルタイムキーパーを務めることが決定した。

会見の後、北澤豪、大久保嘉人、李忠成の3人は、タグ・ホイヤーの最新モデルを懸けてキックターゲットに挑戦。川崎フロンターレと浦和レッズのストライカー対決を制したのは?

北澤豪とのサドンデスで勝利した李忠成が勝利し、タグ・ホイヤーの最新モデルを獲得した。
J1の第2ステージで優勝を争う浦和と川崎。リーグ優勝を決めるゴールを奪うのは、果たして・・・?

参照・画像出典:jleaguechannel