【リオ五輪特集vol.2】“中田英寿2世”の呼び声高い!鎌田大地のスーパープレー集!

J1サガン鳥栖に所属する鎌田大地は現在19歳。愛媛県出身で高校卒業後に5つのJクラブが興味を示す中で、サガン鳥栖に加入した。
2015年5月10日のJ1第11節松本山雅FC戦で、J1リーグ戦初出場を果たすと、同試合で同点ゴールとなるプロ初ゴールを決めた。
2015年8月、京都で行われたU-22日本代表にも招集されている。

威力・精度ともに十分のキックを両足に備え、180センチの高さと強さを持ちながらも、足下の技術にも長けている。
類まれなボールコントロールや、視野の広さを活かしたキラーパスは全盛期の中田英寿を彷彿させる。

このプレー集を見れば、それにも頷けるはずだ。

リオ五輪でも活躍が期待されている注目の若手選手だ。

参照・画像出典:sugitau