『戻れー!』マンチェスターダービーで生まれたGKハートの全速力セーブ(動画あり)

2008年に生まれた懐かしいスーパープレーをご紹介しよう。
08-09シーズンのプレミアリーグ第14節、マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドのダービーマッチは、ユナイテッドのFWルーニーがクラブ通算100ゴール目を挙げて、シティに1-0で勝利した。
当時ユナイテッドに所属していたFWクリスティアーノ・ロナウドが退場になるなど、話題性のあるマンチェスターダービーであったが、シティGKハートのスーパープレーを忘れてはいけない。

シティは1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムのコーナーキックで、GKハートを前線に上げて勝負に出た。ところが、ユナイテッドがなんとかクリアすると、ボールはユナイテッドのFWルーニーの元へ。ゴールまでかなり距離はあったが、GKハートが上がっていたため、シティのゴールは無人となっていた。ルーニーはすかさずロングシュートを放ったが・・・!?

なんとハートが全速力で戻り、間一髪でスーパーセーブ。少しでもスピードを緩めていたら間に合わなかっただろう。GKのダッシュ力が評価される事は少ないが、このシーン以降ハートはスピードのあるGKとされている。

参照・画像出典:TechWayPro