最新FIFAランキング発表!日本は51位でアジア5番手に

FIFA(国際サッカー連盟)は20日、最新のFIFAランキングを発表した。サッカーファンの間でお馴染みの同ランキングは、約1カ月に1度更新されており、1993年から20年以上の歴史を持つ。
ワールドカップ予選や大陸別選手権の組み合わせ、ワールドカップ本大会でのシード国決定の際にも活用されている。

前回56位の日本は、5つ順位を上げて51位に浮上。イラン、オーストラリア、韓国、ウズベキスタンに次いでアジアで5番目となった。

1位のアルゼンチンは変わらず、ドイツが2位、ブラジルが3位に浮上している。

最新のFIFAランキングは下記の通り。()は前回の順位

—————————
1.(1)アルゼンチン
2.(3)ドイツ
3.(4)ブラジル
4.(2)ベルギー
5.(4)コロンビア
6.(6)チリ
7.(8)フランス
8.(7)ポルトガル
9.(9)ウルグアイ
10.(11)スペイン
11.(10)ウェールズ
12.(12)イングランド
13.(13)イタリア
14.(16)スイス
15.(17)ポーランド
16.(14)クロアチア
17.(15)メキシコ
18.(18)コスタリカ
19.(19)エクアドル
20.(24)オランダ
21.(27)アイスランド
22.(20)ハンガリー
23.(25)ペルー
24.(22)アメリカ
25.(21)トルコ
26.(28)スロバキア
27.(37)イラン
28.(23)ボスニア・ヘルツェゴビナ
29.(29)ウクライナ
30.(26)オーストリア
31.(34)コートジボワール
—————————
40.(45)オーストラリア
44.(47)韓国
48.(49)ウズベキスタン
51.(56)日本
54.(52)サウジアラビア
70.(66)UAE
113.(128)イラク
146.(135)タイ
—————————

なお、次回発表は11月24日となっている。

参照:FIFA公式サイト