バイエルンの21歳グリーンが代表戦で圧巻のゴール!(動画あり)

10月11日に国際親善試合、アメリカ対ニュージーランドが行われた。試合は、両チームともに1ゴールずつを奪い合い、1-1の引き分けに終わっている。
アメリカ代表のゴールを挙げたのは、バイエルン・ミュンヘンに所属する21歳のFWグリーン。GKのロングキックがグリーンの元に渡ると、迷う事なくドリブルを開始。ペナルティーエリアに侵入して放ったシュートに相手GKは一歩も動けなかった。

グリーンはこれで2016年の代表戦で2試合で2ゴールを記録している。バイエルンでポジションを掴むのは容易ではないが、今後が楽しみな選手だ。

参照・画像出典:SIR PARRYMOPPINS