バルセロナが4失点でセルタに敗戦…GKが信じられないミス(動画あり)

10月2日にリーガ・エスパニョーラ第7節、セルタ対バルセロナが行われた。
試合は、ホームのセルタがMFピオーネ・シスト、FWイアゴ・アスパス、MFパブロ・エルナンデス、相手のオウンゴールにより、バルセロナに4-3で勝利した。バルセロナはDFピケが2ゴール、FWネイマールがPKで1ゴールを決めるも、逆転とはならなかった。ハイライトはコチラ。

バルセロナのGKシュテーゲンは失点に直結するミスを2度も犯してしまった。特に4失点目は味方への浮き球のパスが、そのままパブロ・エルナンデスの頭に当たりゴールラインを割る明らかなイージーミスだった。

バルセロナは7試合目にして早くも今シーズン2敗目。首位レアル・マドリードが引き分けたためこの試合で勝利すれば、首位に立つチャンスはあったが、4位に留まった。

参照・画像出典:iFOOTZ