【動画】レッズ戦でガンバ(アデミウソン、遠藤、倉田)がラフプレー連発…

10月01日にJ1リーグ2ndステージ第14節、浦和レッズ対ガンバ大阪が行われた。
試合は、ホームの浦和レッズがFW高木俊幸、FW武藤雄樹、MF宇賀神友弥、FWズラタンのゴールによって、4-0で勝利した。

浦和が思う通りに試合が進んでいた苛立ちからか、ガンバ大阪の選手はラフプレーを連発してしまった。

まずはFWアデミウソンが一発退場になったシーン。元々は浦和のDF槙野のファールとなったシーンだが、立ち上がる前に槙野の下腹部を殴ってしまうアデミウソン・・・。

 
次はMF遠藤保仁。浦和のMF阿部勇樹が身体を入れると、明らかにボールはないところで阿部の背中を蹴る遠藤。これにはイエローカードも出なかった。

 
最後はMF倉田秋。槙野の背中を踏みつけてしまう・・・。このプレーにもカードは出なかった。

 
これにはチームメイトのMF宇賀神友弥が激怒し、あわや乱闘騒ぎに・・・。

熱くなるのはわかるが、ボールと関係ないところでのラフプレーは絶対に許されてはいけない。