U16日本代表、4失点を喫してイラクに敗れる…(動画あり)

9月29日にAFC U-16選手権インド2016準決勝、U-16日本代表対U-16イラク代表が行われた。今大会無失点の日本代表の守備陣が崩壊し、壮絶なシーソーゲームとなった。

試合は、イラク代表がMFモハメド・ダウードのゴールで先制するも、日本代表は前半のうちにFW山田寛人の2ゴールで逆転に成功した。ところが67分に同点ゴールを許すと、カウンターでイラクが81分、94分にゴールを決めて4-2で勝利。イラクのMFモハメド・ダウードはハットトリックを達成している。ハイライトはコチラ。

エース・久保建英を後半途中で投入するも、この日はゴールを奪えず。アジア制覇を目指していた日本は、来年行われるU-17ワールドカップへの出場権は獲得したものの、準決勝で敗退となった。

参照・画像出典:matwacnHS