マンC戦で“ヤバい”ゴールを決めたFWムサ・デンベレってどんな選手?

9月28日にUEFAチャンピオンズリーグ2016-17グループステージ第2節、セルティック対マンチェスター・シティが行われた。試合は両チームともに3ゴールを奪い合い、3-3の引き分けで終了。

この試合、セルティックで2ゴールを挙げたのはFWムサ・デンベレ。チームにとって3点目となるゴールは太腿で後方にトラップし、身体を反転させながらのスーパーボレーだった。そのシーンがコチラ!

 
ムサ・デンベレはフランス出身の20歳のプレイヤー。今シーズン、フラムからセルティックに移籍し、いきなり10番を背負っている。かつてパリ・サンジェルマンのユースにも所属しており、フラムでは58試合に出場して15ゴールを記録。
フル代表経験はまだないが、各年代のフランス代表として活躍している。

スピードとフィジカルを活かしたドリブルで左サイドからチャンスを作るプレーが特徴。ゴール前ではアクロバティックなシュートを放つ事も多く、破壊力は抜群だ。
それでは20歳ムサ・デンベレがフラム時代に見せたスーパープレー集をご覧いただこう。

将来有望な選手を次々と送り出す“才能大国”フランスから、また光る原石が現れた。

参照・画像出典:Football World
参照・画像出典:miroP10