【UEFAが再注目】中村俊輔がマンU戦で魅せた伝説のフリーキック!(動画あり)

9月28日、UEFAチャンピオンズリーググループステージ第2節でセルティックはマンチェスター・シティと対戦する。UEFA公式サイトは、特集でスコットランド勢対イングランド勢対決にスポットを当て、今から10年前にセルティックで活躍した元日本代表MF中村俊輔について紹介している。

UEFAの特集では「スコットランド勢とイングランド勢の対戦でどんな事が起きているのか?」として、過去の両国クラブの対戦成績を紹介。
通算40度の対戦で、スコットランド勢から見て14勝11分15敗とほぼ互角。しかし、直近の10年ではイングランドのクラブが6勝4分と上回る。そして、最後にスコットランド勢が勝利を挙げたのが、06-07シーズンのCLセルティック対ユナイテッドだ。この一戦で輝きを放ったのが、他でもなく当時セルティックに所属していたMF中村俊輔だ。

2006年11月21日のグループステージ第5節。敵地オールド・トラッフォードで鮮やかなFKを決めていた中村は、2試合連続で圧巻のフリーキックを決めて見せた。後半36分、右斜め45度から直接フリーキックを蹴るのは中村俊輔。

このゴールが決勝点となり、セルティックはクラブ史上初のCLベスト16入りを果たした。
記事では「中村のゴールが決まった夜に歴史は終わった。その時点では、イングランドの9勝に対して、スコットランド勢が11勝と良い成績を残していた」と、日本の天才レフティーの活躍を伝えている。

中村俊輔が築いた歴史的勝利から10年。セルティックはホームにマンチェスター・シティを迎える。

参照・画像出典:Koeman movie
参照:UEFA公式サイト