【ドルトムントvsレアル・マドリード】予想フォーメーションはコレだ!

9月27日、チャンピオンズリーグのグループステージ第2節、ドルトムント対レアル・マドリードが行われる。
グループステージではもったいないくらいのビッククラブ同士の一戦。日本代表MF香川真司の出場も気になる予想フォーメーションはコチラ!

9/27(火)27:45 ドルトムントVSレアル・マドリード
スカパーのみで放送

————————————
■注目選手
〜ドルトムント〜
MF:ヴァイグル
MF:ゲレイロ
FW:オーバメヤン

〜レアル・マドリード〜
MF:トニ・クロース
FW:クリスティアーノ・ロナウド
FW:モラタ

■見どころ
・選手層が厚い両チームのスターティングメンバー
・ホームのドルトムントはレアル相手にも攻撃的姿勢を貫くか
・試合を決めるゴールを奪うのは?
————————————

ホームのドルトムントは、公式戦ここ4試合で20得点と攻撃陣が絶好調。若手選手が躍動し、勢いに乗っている。一方のレアル・マドリードは2戦連続引き分けに終わっているが、チャンピオンズリーグとなれば話は変わるはず。クリスティアーノ・ロナウドもようやく怪我から復帰し、万全の状態で挑むだろう。

両チームともにターンオーバー制で戦えるだけの戦力を誇るため、スターティングメンバーの予想も難しいが、ドルトムントの中盤にはヴァイグル、ゲッツェ、ゲレイロが入ると予想。ゲレイロは元々サイドバックを主戦場としていたため、守備でも貢献できるはず。レアル相手には、ゲレイロの豊富な運動量が必要になるだろう。ここ2試合で出場がない香川真司は、途中出場できればなんとしても結果を残したい。

レアルの中盤はクロース、モドリッチ、アセンシオの3枚を予想しているが、イスコやハメス・ロドリゲスが出場する可能性も十分にあり得る。カゼミーロを怪我で欠いているのは痛手だが、代わりに中盤の底に入るのはクロースになりそうだ。

試合序盤に先制点が入れば、点の取り合いも予想されるこの試合。最後にゴールを奪うのは、エース・オーバメヤンかクリスティアーノ・ロナウドか、それとも・・・?

注目のチャンピオンズリーグ第2節は、9月27日27:45〜(日本時間)ドルトムントのホームでキックオフを迎える。
この試合はスカパーでご覧いただけます。