『病気に負けるな!』レッズ槙野から闘病中の早川へ激励動画が送られる…

浦和レッズに所属するDF槙野智章は26日、闘病中でピッチを離れているアルビレックス新潟DF早川史哉にエールを贈った。
この動画には浦和の選手たちが登場し、違うクラブでありながら共にJリーグで戦う同志に向けての熱いメッセージをInstagramに投稿。

アルビレックス新潟の早川選手へ 病気に負けるな! 早くピッチに戻ってまたサッカーやるぞ! #wearereds

槙野智章 Tomoaki Makinoさん(@makino.5_official)が投稿した動画 –

「早川選手!」「一日でも早く病気を治して」「またピッチで戦いましょう!」「病気に負けるな!」というメッセージは、早川本人にもきっと届いていることだろう。

アルビレックス新潟に所属するDF早川史哉は、6月に急性白血病である事が発表された。今月23日には同選手から「白血病であることを公表して、3カ月が経過しています。その間Jリーグチームをはじめとする多くのサッカーチームからの支援、また各クラブチームサポーターの方々やサッカーに関わりの少ない方々からも、たくさんの手紙やメール、段幕、千羽鶴などをいただき、皆様からの温かい支援が白血病と闘っている自分にはとても大きな支え、チカラとなっています。本当にありがとうございます」というコメントを残している。

皆の声援を力に変えて、1日も早くピッチに戻ってきて欲しい。