大迫が“ハンパない”シュートでブンデス初ゴール!(動画あり)

9月21日にブンデスリーガ第4節、シャルケ04対FCケルンが行われた。試合は、シャルケがFWフンテラールのゴールで先制するも、ケルンは直後にFW大迫勇也のゴールで追いつくと、FWモデスト、FWシモン・ツォラーのゴールによって、3-1で勝利。

後半37分までプレーしたケルンのFW大迫は、今季初、そしてブンデスリーガ初となるゴールを決めた。そのシーンがコチラ!

ボールの芯を捉えた大迫らしいシュートは、絶妙なコースに突き刺さった。このところ好調を維持している大迫。日本代表ハリルホジッチ監督の目に留まっているに違いない。

参照・画像出典:蹴球ゴラッ速報