【動画】ベイルがスーパースターの仲間入りを果たした試合とは?

レアル・マドリードに所属するMFガレス・ベイルをご存知の方は多いだろう。世界一のスター選手を揃えるレアルで替えの効かない選手となり、EURO2016では母国ウェールズをベスト4進出に導いた。今や世界で5本の指に入るアタッカーと言っても過言ではない選手に成長したベイル。

そのきっかけとなったのは、今から6年前2010-11シーズンのチャンピオンズリーグ、インテル対トッテナム戦だ。結果は4-3でインテルが勝利したが、4-0の状況からトッテナムの大逆襲を起こしたのは、当時21歳のベイルだった。まだ世界的な知名度は低かったが、この試合でベイルはハットトリックを達成。その名を世界に轟かせた。驚異的なスピードでインテルDFをごぼう抜きする圧巻のスーパーゴールをご覧いただこう。

当時全盛期のマイコンやルシオ、サネッティらを擁するインテルDF相手に後半だけでハットトリック。これで一躍世界中から注目を集める存在となったベイルは、この3年後に当時史上最高額の移籍金(約120億円)でレアル・マドリードに移籍を果たした。

参照・画像出典:Best Match Highlights