今季初先発を果たした武藤。チャンス絡めず途中交代…(動画あり)

9月15日にUEFAヨーロッパリーググループステージ第1節、マインツ対サンテティエンヌが行われた。試合は、両チームともに1ゴールを奪い合い、1-1の引き分けで終了。

マインツのFW武藤嘉紀は今季初先発を飾ったが、決定的なチャンスに絡む事はなく、後半24分に交代。マインツの戦術による影響も多いが、ボールを収める機会が少なく、課題が残る一戦となった。試合のハイライトはコチラ。

今シーズンのヨーロッパリーグには武藤嘉紀(マインツ)、長友佑都(インテル)、吉田麻也(サウサンプトン)久保裕也(ヤング・ボーイズ)、南野拓実(ザルツブルク)、内田篤人(シャルケ)、瀬戸貴幸(アストラ)の7選手が出場予定。ここで結果を残し、来シーズンはもうワンランク上のチャンピオンズリーグに出場する選手は出てくるだろうか。

参照・画像出典:Football Sport