久保建英(15)がついにJリーガーに!3年後にはバルセロナ復帰も!

U-18FC東京に所属する現在15歳の久保建英が、トップチームに登録される事がわかった。
FC東京は9月16日までに選手登録する方針を固め、今シーズンでのJリーグ出場を果たせば、04年3月の森本貴幸(東京V)以来の中学生Jリーガーとなる。早ければ、10月30日のJ3相模原戦でJデビューを飾る見込みのようだ。 

また、13日には18歳を迎える2019年にバルセロナへの再入団が内定している事がわかった。そうなると、2020年の東京五輪にはバルセロナの選手として出場する事になる。

先日行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会では得点王を獲得し、着実に成長を遂げている“和製メッシ”をバルセロナは見逃していなかったようだ。左利きで細かいタッチのドリブルを得意とし、決定的なスルーパスや精度の高いシュートは、15歳とは到底思えないレベルだ。それでは久保建英の凄さがわかるスーパープレー集をご覧いただこう。

15歳でJリーグデビューを果たし、来年8月にはU-17W杯で国際大会を経験。18歳で世界中のサッカー少年が憧れるバルセロナに加入し、19歳で東京五輪に出場。さらにはA代表デビューという漫画のような話が、現実となる日が来るかもしれない。

参照・画像出典:Barça 24-7