前節2G1A、ソン・フンミン(トッテナム)の凄さがわかる動画

9月10日にプレミアリーグ第4節、ストーク・シティ対トッテナムが行われた。試合はトッテナムが4ゴールを奪い、4-0で大勝。
この試合の主役は、今季初出場を果たした韓国代表FWソン・フンミンだった。まずはゴールシーンを見てみよう。

 

ソン・フンミンは韓国代表の24歳。15-16シーズンにレヴァークーゼンからトッテナムに移籍を果たした。レヴァークーゼンでは62試合に出場し、21ゴールを記録している点取り屋だ。

特徴は、キレのあるドリブルでゴール前まで自ら持ち込むプレーと、シュート精度の高さ。サイドとセンターの両方でプレー可能だが、トッテナムではサイドからチャンスを演出する役割を担っている。
プレミアリーグに移籍してからは、献身的な守備も厭わず攻守共にチームに貢献。それではソン・フンミンのスーパープレー集をご覧いただこう。

 

気性が荒い事で有名なソン・フンミンは先日行われた韓国対中国の一戦で、途中交代に腹を立て地面を蹴りつける場面も。
心身共に成長し、世界的なプレーヤーとなる事はできるか。今後の日韓戦では間違いなく要注意選手の一人だ。

参照・画像出典:Football Sport
参照・画像出典:HEON honey