山口蛍の意表を突いたアシストでセレッソ勝利!(動画あり)

9月11日にJ2リーグ第31節、セレッソ大阪対V・ファーレン長崎が行われた。
試合は、ホームのセレッソ大阪がFW玉田圭司、FW澤上竜二のゴールによって、2-0で勝利した。
試合を決めたのは日本代表MF山口蛍の意表を突いたプレーだった。ゴール前でフリーキックを得ると、すぐさまボールをセットして玉田とアイコンタクト。相手DFが準備をする前に出したパスが通り、玉田が先制点を決めた。そのシーンがコチラ!

3位のセレッソは自動昇格圏内の2位松本山雅との勝ち点差を「3」としている。

参照・画像出典:football games ch