マンチェスターダービーはシティが勝利!両チームの採点はコチラ!

9月10日にプレミアリーグ第4節、マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティの一戦が行われた。試合はアウェイのシティがデ・ブルイネの1ゴール1アシストにより2-1で勝利した。ユナイテッドはイブラヒモビッチが4試合連続のゴールを挙げている。
両チームの採点はコチラ!

※10点満点による、TOTAL11独自の採点。

——————–
<マンチェスター・ユナイテッド>
GKデ・ヘア:5.5
2失点はセーブのチャンスなし。ロングボールへの対応は安定していた。

DFバレンシア:6
気持ちの入った守備でサイドでの攻防を制した。

DFバイリー:6
1試合を通じて落ち着いた対応を見せた。最後の一歩で足を出し、シュートブロックも目立った。

DFブリント:5
1失点目のきっかけとなるイヘアナチョとの競り合いでうまく体を当てる事ができず。2失点目もブリントがラインを上げていればオフサイドを取れた。

DFショー:6
スモーリング、サネの2人と対峙し、安定した対応を見せた。

MFフェライニ:6
試合終盤の空中戦では圧倒的な勝率。中盤での激しい守備も含め、持ち味は発揮した。

MFポグバ:6
中盤で相手を交わす技術はさすが。もう少し前でプレーできれば相手の驚異となっていただろう。

MFムヒタリアン:5
先発出場を果たすも全くチャンスを作る事ができず。

MFルーニー:5.5
攻守に渡って運動量を発揮するも、後半不必要なイエローカードをもらう。

MFリンガード:4.5
中盤でのボールロストが目立ち、うまく試合に入れなかった。

FWイブラヒモビッチ:6.5
フリーキックのこぼれ球から、決して簡単ではないボレーを決める。一発の怖さがある事を証明した。

INエレーラ:5.5
オフザボールの動きでチームに貢献。

INラッシュフォード:6
後半開始から出場し、左サイドからチャンスを演出した。圧倒的なスピードを活かしてゴールネットを揺らしたが、イブラヒモビッチに当たってオフサイドに。

INマルシャル:採点不能

<マンチェスター・シティ>
GKブラーボ:4.5
キャッチミスで失点のきっかけに。足元の技術にも疑問が残る。

DFサーニャ:6
ポジショニングの良さや対人の強さでピンチを凌ぐ。

DFストーンズ:4.5
不用意なミスで何度もピンチを招いてしまった。

DFオタメンディ:6
イブラヒモビッチ相手に空中戦で引けをとらなかった。

DFコラロフ:6
高精度のロングボールで1点目の起点となった。

MFフェルナンジーニョ:7
ポジショニングの良さで、何度も攻撃の芽を摘んだ。ボールを持った際にミスもなく、勝利に貢献。

MFシルバ:5.5
要所要所でらしさを見せたが、決定的なチャンスは作れず。

MFデ・ブルイネ:7.5
値千金の先制ゴールを決めた。イヘアナチョのゴールもデ・ブルイネのポストに当たるシュートから生まれた。中盤での守備も効いており、この試合でMVP級の活躍。

FWスターリング:5
右サイドで孤立していた感が否めない。

FWノリート:5.5
強引にシュートに持っていくシーンは見られたが、可能性は感じられず。

FWイヘアナチョ:6.5
アグエロの代わりで先発出場を果たし、1ゴール1アシストの活躍。

INフェルナンド:6
後半イヘアナチョと交代で入り、中盤の底に入る。豊富な運動量で危ないシーンを防いだ。

INサネ:5.5
後半スターリングと交代で右ウイングで出場。前を向いて仕掛ける場面は、もう少し積極的に行ってもよかったか。

INサバレタ:採点不能
——————–

3連勝同士で迎えた注目のダービーマッチは、グラウディオラ率いるマンチェスター・シティに軍配が上がった。

画像出典:Manchester City

今ならWEBから加入で500円割引! 海外サッカーはスカパーで!