第2節【シャルケvsバイエルン】予想フォーメーションはコレだ!

9月10日にブンデスリーガ第2節、シャルケvsバイエルン・ミュンヘンの一戦が行われる。開幕戦でフランクフルトに敗れたシャルケに対し、国内リーグ4連覇中のバイエルンは、6-0で勝利を収めた。バイエルンの攻撃力は今シーズンも健在で、中盤から守備陣にかけて一切隙が見当たらない。
一方で、シャルケは今シーズンのホーム開幕戦となり、この試合に賭ける意気込みは強いだろう。勢いのある若手選手が活躍すれば、番狂わせも十分にあり得る。
ハイレベルな試合が期待できそうな一戦の予想フォーメーションはコチラ!

————————–
<シャルケ04>
監督:ヴァインツィアル
4-2-3-1
GK:フェールマン
DF:カイサラ
DF:ナウド
DF:ヘーベデス
DF:コラシナツ
MF:アオゴ
MF:ガイス
MF:ディ・サント
MF:マックス・マイヤー
MF:コノプリャンカ
FW:エンボロ

<バイエルン・ミュンヘン>
監督:アンチェロッティ
4-3-3
GK:ノイアー
DF:ラーム
DF:ハビ・マルティネス
DF:フンメルス
DF:アラバ
MF:シャビ・アロンソ
MF:チアゴ・アルカンタラ
MF:ビダル
FW:ミュラー
FW:レヴァンドフスキ
FW:リベリー
————————–

シャルケの注目は、移籍マーケット締め切り直前にセビージャから加入したコノプリャンカ。左利きのテクニシャンがこの試合でブンデスリーガデビューを果たしそうだ。先日のワールドカップ予選でドイツ代表に選ばれたトップ下のマックス・マイヤーは若干20歳ながら、このチームの攻撃を牽引する。
そしてセンターフォワードに19歳のエンボロを起用してもおもしろい。第1節のフランクフルト戦ではフンテラールが先発したが、スイス代表として出場したポルトガル戦で決勝点を挙げたのが、エンボロだった。代表戦で結果を残したエンボロを使えば、バイエルンのディフェンスライン相手でも何かが起こりそうだ。

王者バイエルンは、各ポジションにスター選手を揃えており、万全の陣容で挑みそうだ。そしてこの試合、怪我で離脱していたロッベンとコマンが復帰するとの報道もある。さらにドウグラス・コスタとボアテングも着実に回復しており、怪我人が復帰した時のスターティングメンバーには頭を悩ませるだろう。

 

試合展開としてはバイエルンがボールポゼッションを高め、サイドからの仕掛けでレヴァンドフスキが仕留める攻撃に対して、シャルケがどこまで守れるかがポイントだ。1点差以内で持ちこたえれば、マックス・マイヤーやエンボロのカウンターでゴールを奪う事は十分に考えられる。

注目の一戦は、日本時間9月10日3:30〜フェルティンス・アレーナでキックオフを迎える。