“スコットランドのベイル”オリバー・バーグ(19)ってどんな選手?

今シーズン、クラブ史上初のブンデスリーガに挑戦するライプツィヒは、スコットランド代表MFオリバー・バーグを獲得した事を発表した。 

現在19歳のバーグは、昨シーズンまでイングランド2部のノッティンガム・フォレストに所属。今夏の移籍マーケットでは、リバプールを始めいくつかのビッククラブが獲得に興味を示していたが、ライプツィヒを選んだようだ。

バーグ本人は、「ライプツィヒは僕に強い興味を持ってくれたし、選手として欲しがってくれた。僕はありのままの自分、そしてプレースタイルを求めてくれるチームと監督のところに行きたいと考えていたんだ。動画をいくつか見せてもらって、チームと僕のスタイルがパーフェクトに調和すると思ったんだ」と選択理由を語っている。

代表デビューは今年3月。9月4日にワールドカップ予選でも出場を果たし、今後のスコットランド代表を背負う存在になりそうだ。

スコットランド国内では“第2のベイル”と評されるように、圧倒的なスピードを活かしたドリブルが持ち味。188センチの長身がありながら、柔らかいボールタッチを持っている。それではバーグのドリブル&ゴール集をご覧いただこう。

まずはライプツィヒで結果を残し、スーパースターへの道を駆け上がる事はできるだろうか。

参照・画像出典:miroP10