【ネイマールvsハメス】エース対決を制したのは?(動画あり)

9月6日にFIFAワールドカップロシア大会南米予選第8節、ブラジル対コロンビアが行われた。2014年ワールドカップの準々決勝で対戦した際には、コロンビアのラフプレーでネイマールが負傷する等、因縁の対決でもあるこのカード。
この試合ではブラジルのネイマールと、コロンビアのハメス・ロドリゲスという両チームの絶対的エースが先発出場を果たした。

試合は、ブラジルが開始早々の2分にDFミランダのゴールで先制すると、36分にコロンビアはハメス・ロドリゲスのフリーキックからオウンゴールで同点に追いついた。引き分けで終了と思われた74分、試合を決めたのはやはりこの男だった。

ネイマールの1ゴール1アシストにより、ブラジルが2-1で勝利した。これにより、ブラジルはワールドカップ南米予選で2位となった。一方のコロンビアは、3位から4位に後退した。

参照・画像出典:Classy Football