【W杯最終予選】タイに2-0で勝利!日本代表の採点はコチラ!

9月6日、FIFAワールドカップロシア大会に向けたアジア最終予選、タイ対日本が行われた。試合は日本代表が原口元気と浅野拓磨のゴールにより、2-0で勝利した。
各選手の採点はコチラ!

※10点満点による、TOTAL11独自の採点。

——————–
GK西川周作:6
前半は枠に飛ぶシュートはなくボールを触る機会も少なかったが、後半ティーラシンとの1対1を顔面でブロック。

DF酒井宏樹:6
積極的なオーバーラップから高精度のクロスを連発。1点目の原口のゴールをアシストした。

DF吉田麻也:5.5
不用意なミスもなく、安定した守備を見せた。

DF森重真人:5
ボールの空気圧の指摘から不用意なイエローカードをもらう。不可解な判定ではあったが・・・。

DF酒井高徳:5
終始高い位置を取って起点になったが、全体を通して上がるタイミングが早かったか。

MF山口蛍:6
セカンドボールの予測と、ボール奪取能力はさすが。効果的な縦パスを何本か通した。

MF長谷部誠:5
キャプテンとしてチームの方向性を示すも、前半イージーミスからピンチを招く。

MF香川真司:4.5
UAE戦よりはボールに絡む機会は増えたが、得点に絡む事はできず。後半、左足のシュートは決めたかった。

FW本田圭佑:5
前半の決定的なチャンスを物にできず。ボールに絡まない時間も多く、いつもの存在感を発揮できなかった。

FW浅野拓磨:6
前半、裏への抜け出しから何度かチャンスを作った。後半、持ち味のスピードから貴重な2点目を奪った。

FW原口元気:6.5
ヘディングで貴重な先制点を奪った。アグレッシブな守備でボールを奪う動きも目立った。

IN武藤嘉紀:4.5
前線から激しいプレスを見せるも、ボールを触る機会が少なかった。

IN小林悠:4.5
もう少し時間が欲しかったか。

IN宇佐美貴史:5.5
後半アディショナルタイムからの出場ながら、惜しいシュートを2本放つ。

——————–

前後半を含め、決定的なチャンスは何度もあったが、何はともあれ、勝点3を奪えた事が一番の収穫だ。