ナスリが清武の同僚に!全盛期は凄かった!(動画あり)

マンチェスター・シティMFサミル・ナスリが30日、セビージャに移籍するようだ。移籍市場最終日にレンタル移籍が決まる。

ベジクタシュの関心も報じられたナスリだが、セビージャ入りしたことで、日本代表MF清武弘嗣のチームメートとなることが確実になったようだ。31日にメディカルチェックを受けて正式発表となる。

ナスリは元フランス代表の29歳。17歳の時にマルセイユでトップチームデビューを果たすと、4年後にプレミアリーグのアーセナルに移籍。86試合に出場し、18ゴールを記録した。2011年にマンチェスター・シティに移籍し123試合に出場するも、グラウディオラ新監督から体重超過を指摘され、構想外である事が明かされていた。

U-16から常に世代別のフランス代表に選ばれた実績があり、一時期は“ジダン2世”とまで言われた逸材だ。テクニックを活かしたドリブルと、正確なキックで攻撃を牽引するファンタジスタタイプの選手。ナスリが全盛期に見せたスーパープレー集はコチラ!

ポジションはトップ下や左MFとなるため、清武とのレギュラー争いになりそうだ。今夏の移籍マーケットで、清武、ガンソ、サラビア、バスケス、イェデル、クラネビッテルという即戦力クラスの補強を行い、最終日にはナスリの獲得が発表されそうだ。
『フランスの問題児』と言われてしまった事もあったが、心機一転し、かつての輝きを取り戻せるだろうか。

参照・画像出典:MCFCCOMPILATIONS2