【レスター】岡崎はPK獲得で勝利に貢献。新加入FWムサより高評価?

8月27日にプレミアリーグ第3節、レスター対スウォンジーが行われた。
試合は、ホームのレスターがFWヴァーディとDFモーガンのゴールによって、スウォンジーに2-1で勝利した。ハイライトはコチラ!

 

先発出場したレスターのFW岡崎慎司は、後半34分に途中交代。献身的な動きを見せ、ラニエリ監督から「慎司は、レスターでのキャリアの中で最高の試合のひとつだったよ」と、高評価を受けた。岡崎のタッチ集はコチラ!

岡崎は持ち味の豊富な運動量とアグレッシブな動きで、今シーズンから新加入のナイジェリア代表FWムサとのポジション争いで一歩リードしているようだ。なお、この試合でムサは75分に左サイドハーフで途中出場している。

参照・画像出典:FM24/7 HD