ガビゴル&マリオ加入でどうなる?インテルの予想フォーメーションはこれだ!

26日、セリエAのインテルは公式Twitterアカウントで「ガブリエル・バルボサ(ガビゴル)がミラノに到着した。ジョアン・マリオもまもなく到着する」と公表。両選手を獲得した事を示唆した。

“ガビゴル”ことガブリエル・バルボサは、リオ五輪でブラジルの優勝に貢献した20歳のプレーヤー。“ネイマール2世”として注目を集めるブラジルの逸材だ。先日発表されたロシア・ワールドカップ南米予選に向けたブラジルA代表にも選出されている。

一方、スポルティングのジョアン・マリオはEURO2016で優勝したポルトガル代表で背番号10番を背負った司令塔。センターハーフに加えてウイングでもプレーすることができる。

そんな2大スター選手が一気に加入しそうなインテルのスタメンはどうなる?

※は新加入選手。

開幕戦でのスタメンを元に、新加入選手の実力も考慮してフォーメーションを予想してみた。
最前線には14-15シーズン得点王でアルゼンチン代表のイカルディが入るだろう。控えにも、イタリア代表エデルや、ベテランのパラシオを揃えている。サイドアタッカーは誰が出ても遜色がないほどの戦力が整った。加入が濃厚なブラジル代表ガビゴルの控えに、イタリア代表で実績十分なカントレーバや、ブロゾビッチを揃えた。左サイドにはクロアチア代表ペリシッチ、カントレーバ、ヨベティッチでポジションを争う。

中盤にも新加入バネガ、コンドグビア、ブロゾビッチ、メデル、そしてジョアン・マリオという攻撃力抜群の実力者を揃える。
サイドバックにも2選手を補強したが、今のところ日本代表の長友佑都は左サイドでポジションを掴んでいるようだ。

近年セリエAで低迷していた“旧ビッククラブ”は、中国資本の元、スター選手を揃えタイトルを狙える陣容が整った。フランク・デ・ブール新監督は、かつてのビッククラブを再建し、栄光を掴む事ができるか。
今シーズンのインテルから目が離せない。