【ブンデス開幕スタメン予想】ドルトムント編

2016-17シーズンのブンデスリーガが27日に開幕する。日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、同じく日本代表の武藤嘉紀擁するマインツと対戦する。
ドルトムントは昨シーズンまでチームの中心だった、DFフンメルス、MFギュンドアン、MFムヒタリアンを放出する一方で、MFゲッツェが復帰し、若手のMFデンベレやMFエムレ・モル、MFプリシッチ、ドイツ代表のFWシュールレを獲得する大型な入れ替えを行った。
気になる開幕戦予想フォーメーションはコチラ!


(※は新加入選手)

ドイツ代表のMFロイスは怪我のため出遅れているが、その他はベストメンバーで挑めそうだ。プレシーズンマッチから、熾烈なポジション争いが繰り広げられており、キックオフ直前までスタメンはわからない。そんな中、トップ下には香川真司が入りそうだ。直線のドイツ杯では2ゴールを奪い、コンディションを挙げているのは、今季復帰したゲッツェではなく、香川真司だ。今シーズンもドルトムントの攻撃の鍵を握るのは、日本代表の「10番」になりそうだ。

サイドアタッカーには、フランス出身の19歳デンベレや、“トルコのメッシ”ことエムレ・モルが加わった事で、将来性十分な戦力が整った。センタフォワードのオーバメヤンは移籍の噂がありながらも、残留が決まったのも朗報だ。

宿敵バイエルンの5連覇を阻む筆頭になりそうなチームは、開幕戦でどんな船出を迎えるだろうか。注目のマインツ戦は、日本時間27日22:30に行われる。