バルサ“第4のFW”はアルカセル?スペイン期待のゴールハンターの行方は…

バレンシアに所属するスペイン代表FWアルカセルが、バルセロナへの移籍を希望しているようだ。24日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

今夏の移籍マーケットで、MSN(メッシ、スアレス、ネイマール)のバックアッパー獲得を目指しているバルセロナ。これまで複数の選手を獲得候補に挙げていたが、交渉成立には至らなかった。
しかし、『マルカ』紙によると、今回はアルカセル本人がバルセロナへの移籍を希望したようだ。

現在22歳のアルカセルはバレンシアの下部組織出身。背番号「9」を背負い、昨シーズンの終盤からはキャプテンマークを巻いている。
昨シーズンのリーガ・エスパニョーラでは13ゴールを記録し、2014-15シーズンに続いて2季連続となるリーグ戦2桁得点をマークした。ゴール前でのポジション取りや決定力が高く、MSNの中ではスアレスに近いタイプと言える。アルカセルが昨シーズン見せた全ゴール&アシスト集はコチラ!

スペイン期待のセンタフォワードの去就はいかに。今移籍マーケットは8月31日までとなっている。

参照・画像出典:BarcaScout