【最終予選メンバー発表】日本代表予想フォーメーションはこれだ!

25日、日本代表のハリルホジッチ監督は、ワールドカップ最終予選に挑む24名のメンバーを発表した。リオ五輪メンバーからは、MF大島僚太とFW浅野拓磨が選ばれた。DF槙野智章は発表の15分前に怪我の報告があり、出場は怪我の状態次第となる。最終予選の予想フォーメーションはコチラ!

———————-
GK
西川周作(浦和レッズ)
東口順昭(ガンバ大阪)
林彰洋(サガン鳥栖)

DF
酒井宏樹(マルセイユ)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
長友佑都(インテル)
太田宏介(フィテッセ)
吉田麻也(サウサンプトン)
槙野智章(浦和レッズ)
森重真人(FC東京)
昌子源(鹿島アントラーズ)

MF
長谷部誠(フランクフルト)
山口蛍(セレッソ大阪)
柏木陽介(浦和レッズ)
大島僚太(川崎フロンターレ)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(セビージャ)

FW
本田圭佑(ACミラン)
小林悠(川崎フロンターレ)
宇佐美貴史(アウクスブルク)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
岡崎慎司(レスター)
武藤嘉紀(マインツ)
浅野拓磨(アーセナル)
———————-

ハリルホジッチ監督は、中盤のバックアップメンバーとして『川崎の35歳』=中村憲剛を考えている事も明かした。香川や清武が怪我で離脱した場合は、トップ下で中村憲剛を考えているようだ。
また、鹿島アントラーズのFW金崎夢生については、元々選出予定であったと言及するも、前節の湘南ベルマーレ戦で交代時に監督との握手を拒否した態度に激怒。代わりにアーセナルの浅野拓磨が選ばれた。

最終予選第1節、UAE戦は9月1日に埼玉スタジアムで開催される。