開幕戦フル出場の長友、3ポジションで奮闘するもチームは敗戦

8月21日にセリエA第1節(開幕戦)、キエーボ対インテルが行われた。
試合は、ホームのキエーボがMFビルサの2ゴールによって、インテルに2-0で勝利。ハイライトはコチラ!

 

インテルのDF長友佑都は、先発フル出場を果たした。左サイドバックで先発した長友は、後半は右サイドバックとウイングをこなし、システム変更に柔軟に対応するも、現地メディアからは「攻撃参加は少なく、しても正確性がない。両サイドをこなす日本人の特徴を考えるとき、いつもその結論になる。攻撃の組み立てに関わるパフォーマンスは低く、一本調子で変化が少ない」と厳しい評価を受けた。

フランク・デ・ブール新監督の開幕戦は黒星でスタートを切った。

参照・画像出典:Official Trailer