ポルトガル代表10番の去就はいかに!?スーパープレー集はコチラ!

プレミアリーグの強豪チェルシーが、ポルトガル1部のスポルティングに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオにオファーを提示したようだ。11日に英紙『エクスプレス』が報じている。

同紙によると、チェルシーが3900万ポンド(約51億5000万円)のオファーを提示してマリオ獲得に乗り出したとのこと。セリエAのインテルも同等の移籍金と430万ポンド(約5億7000万円)のボーナスを組み合わせたオファーを出しているとされており、マリオ獲得を狙っているようだ。現時点ではインテルに移籍する可能性の方が高いとされている。今夏の移籍マーケットではマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンもオファーを出していたようだ。

現在23歳のマリオは昨季リーグ戦33試合に出場し6得点11アシストを記録。EURO2016にはポルトガル代表として出場し背番号10を背負って初優勝に貢献した。MF全てのポジションでプレーでき、右ウィングも務められるユーティリティー性を持っている。

運動量に得点力、さらにはパスセンスも兼備しているというマルチツールプレイヤーであり、ポルトガル人選手では元バルセロナの司令塔デコや現モナコのジョアン・モウチーニョに例えられる。スーパープレー集はコチラ!

新シーズンの去就に注目が集まる。

参照・画像出典:FVHD