【武藤vs大迫】日本人ストライカー対決を制したのは…?

8月11日にプレシーズンマッチ、マインツ対FCケルンが行われた。
試合は、ケルンがMFレオナルド・ビッテンコートの2ゴールとFW大迫勇也の1ゴールによって、マインツに3-0で勝利した。

日本人FW対決にも注目が集まったこの試合。マインツの武藤は後半20分から出場し、ケルンの大迫は後半開始からプレー。前の試合でリバプール相手にゴールを奪った武藤だったが、この試合ではチャンスを物にできず無得点。一方、大迫はチーム3点目となるゴールを挙げた。そのシーンがコチラ!

新シーズンも海外組日本人選手の活躍に注目したい。

参照・画像出典:1. FSV Mainz 05