【16-17シーズン予想フォーメーション】リバプール編

新シーズンに向けてヨーロッパ各クラブの移籍マーケットが架橋を迎えている。そんな中、TOTAL11が2016-2017シーズンのスタメンを徹底予想!

第13回目は、プレミアリーグの強豪リバプール。クロップ監督2シーズン目を迎え、得意とするプレッシングサッカーも馴染んできた。マネやワイナルダムを獲得し、攻撃の厚みも増しそうだ。新シーズン予想フォーメーションはコチラ!

※は新加入選手。

攻撃陣の目玉はオランダ代表MFワイナルダムとセネガル代表FWマネの2選手。ワイナルダムはオランダでスナイデルの後釜として注目されているるMF。コウチーニョやフィルミーノとポジションを争う事になりそうだ。アフリカ人選手特有の身体能力を持つFWマネは新しい攻撃のリズムを作り出すだろう。FWバロテッリも現在はリバプールに籍を置くが、クロップ監督の構想には一切入っていないようだ。
コロ・トゥーレが抜けたセンターバックには、シャルケからマティブ、アウクスブルクからクラバンを獲得。十分な穴埋めと言っていいだろう。

昨シーズンはリーグ戦8位、ヨーロッパリーグ準優勝と悔しい結果となってしまったリバプール。まずは、チャンピオンズリーグ圏内の4位以内が目標になりそうだ。