【16-17シーズン予想フォーメーション】アーセナル編

新シーズンに向けてヨーロッパ各クラブの移籍マーケットが架橋を迎えている。そんな中、TOTAL11が2016-2017シーズンのスタメンを徹底予想!

第11回目は、日本代表MF浅野拓磨を獲得したアーセナル。即戦力となる補強は今のところMFジャカのみだが、ヴェンゲル体制11シーズン目を迎えて成熟期を迎えるチームだ。新シーズン予想フォーメーションはコチラ!

※は新加入選手。

前線に大きな補強は見られなかったが、リオ五輪でも2試合連続ゴール中のFW浅野がどこまで戦力となれるのか注目だ。放出が噂されていたウォルコットやチェンバレンも残留が濃厚で、昨シーズンと大きな変化はなさそうだ。レスター優勝に大きく貢献したMFマフレズ獲得が噂されており、加入すればスタメン候補になるだろう。中盤にスイス代表ジャカが加入した事で攻撃のバリエーションは増えそうだ。EURO2016でも実績を残した司令塔は、左足の精度の高いパスを得意とし、アーセナルのパスサッカーにもすぐにフィットしそうだ。ディフェンスラインにも特に大きな補強はなし。U-21イングランド代表のホールディングが加入し、どこまで成長せきるかがポイントだ。

ヴェンゲル監督就任後、チャンピオンズリーグやプレミアリーグのタイトルから遠ざかっているアーセナル。魅力的なサッカーを披露しつつ、そろそろタイトルを獲得したいシーズンだ。