“ネイマール2世”ジェズスがマンC移籍!早くもグラウディオラ効果!?

マンチェスター・シティは3日、クラブの公式サイトで、パルメイラスからFWガブリエウ・ジェズス(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年まで。今年いっぱいはパルメイラスに残り、2017年1月にチームに加わる事が決まっている。

パルメイラスのトップチームで67試合に出場し、26ゴールを挙げているジェズスは、リオ五輪のブラジル代表にも選出されている。レアル・マドリードやバルセロナなど数々のビッグクラブが獲得を狙っていたが、新監督のグラウディオラの影響からかマンチェスター・シティを選んだ。ジェズス本人は

「マンチェスター・シティは世界最高のクラブの一つだ。だから、契約できて本当にうれしい。僕らには偉大なタレントがたくさんおり、ペップ・グアルディオラというファンタスティックな指揮官がいる。僕は彼からたくさん学ぶことができるんだ」

とコメントしている。

ブラジル期待の19歳、ジェズスのスーパープレー集はコチラ!

激しいコンタクトを伴うプレミアリーグで揉まれ、世界的なスター選手になる事はできるか。今後のジェズスに注目したい。

参照・画像出典:セブンボール